宅建過去問2014年(平成26年)

宅建過去問2014年(平成26年)

宅建過去問2014年(平成26年)記事一覧

宅建過去問1問〜50問2014年(平成26年)

宅建 平成26年2014年の受験者数と合格率受験者数192.029人合格者数33,670人合格率17,53%スポンサーリンク(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});(adsbygoogle = window.adsbygoogle || [...

≫続きを読む

宅建過去問2014年(平成26年)全問

宅建過去問平成26年,問1次の記述のうち、民法の条文に規定されているものはどれか。(1)賃借人の債務不履行を理由に、賃貸人が不動産の賃貸借契約を解除するには、信頼関係が破壊されていなければならない旨(2)当事者は、債務の不履行について損害賠償の額を予定することができる旨(3)債務の履行のために債務者...

≫続きを読む

宅建過去問2014年(平成26年)その1

宅建過去問平成26年,問1次の記述のうち、民法の条文に規定されているものはどれか。(1)賃借人の債務不履行を理由に、賃貸人が不動産の賃貸借契約を解除するには、信頼関係が破壊されていなければならない旨(2)当事者は、債務の不履行について損害賠償の額を予定することができる旨(3)債務の履行のために債務者...

≫続きを読む

宅建過去問2014年(平成26年)その2

宅建過去問平成26年,問6Aは、Bに建物の建築を注文し、完成して引渡しを受けた建物をCに対して売却した。本件建物に瑕疵があった場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。(1)Cは、売買契約の締結の当時、本件建物に瑕疵があることを知っていた場合であっても、瑕疵の存在を...

≫続きを読む

宅建過去問2014年(平成26年)その3

宅建過去問平成26年,問11甲土地の所有者が甲土地につき、建物の所有を目的として賃貸する場合(以下「ケース@」という。)と、建物の所有を目的とせずに資材置場として賃貸する場合(以下「ケースA」という。)に関する次の記述のうち、民法及び借地借家法の規定によれば、正しいものはどれか。(1)賃貸借の存続期...

≫続きを読む

宅建過去問2014年(平成26年)その4

宅建過去問平成26年,問16次のアからウまでの記述のうち、都市計画法による開発許可を受ける必要のある、又は同法第34条の2の規定に基づき協議する必要のある開発行為の組合せとして、正しいものはどれか。ただし、開発許可を受ける必要のある、又は協議する必要のある開発行為の面積については、条例による定めはな...

≫続きを読む

宅建過去問2014年(平成26年)その5

宅建過去問平成26年,問21農地法(以下この問において「法」という。)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。(1)農地について法第3条第1項の許可があったときは所有権が移転する旨の停止条件付売買契約を締結し、それを登記原因とする所有権移転の仮登記を申請する場合には、その買受人は農業委員会に届出...

≫続きを読む

宅建過去問2014年(平成26年)その6

宅建過去問平成26年,問26宅地建物取引業の免許(以下この問において「免許」という。)に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはいくつあるか。ア Aの所有する商業ビルを賃借しているBが、フロアごとに不特定多数の者に反復継続して転貸する場合、AとBは免許を受ける必要はない。イ...

≫続きを読む

宅建過去問2014年(平成26年)その7

宅建過去問平成26年,問31宅地建物取引業者Aが、自ら売主として宅地建物取引業者ではない買主Bとの間で宅地の売買契約を締結する場合における次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、誤っているものはいくつあるか。ア Aが瑕疵担保責任を負う期間を売買契約に係る宅地の引渡しの日から3年間とする特約は...

≫続きを読む

宅建過去問2014年(平成26年)その8

宅建過去問平成26年,問36建物の貸借の媒介を行う宅地建物取引業者が、その取引の相手方に対して行った次の発言内容のうち、宅地建物取引業法の規定に違反しないものはどれか。なお、この問において「重要事項説明」とは同法第35条の規定に基づく重要事項の説明をいい、「重要事項説明書」とは同条の規定により交付す...

≫続きを読む

宅建過去問2014年(平成26年)その9

宅建過去問平成26年,問41次の記述のうち、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)の規定によれば、正しいものはどれか。(1)宅地建物取引業者が、他の宅地建物取引業者が行う一団の宅地建物の分譲の代理又は媒介を、案内所を設置して行う場合で、その案内所が専任の取引主任者を置くべき場所に該当し...

≫続きを読む

宅建過去問2014年(平成26年)その10

宅建過去問平成26年,問46独立行政法人住宅金融支援機構(以下この問において「機構」という。)に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。(1)機構は、地震に対する安全性の向上を主たる目的とする住宅の改良に必要な資金の貸付けを業務として行っている。(2)機構は、証券化支援事業(買取型)において、...

≫続きを読む

スポンサーリンク