宅建過去問2013年(平成25年)

宅建過去問2013年(平成25年)

宅建過去問2013年(平成25年)記事一覧

宅建過去問1問〜50問2013年(平成25年)

宅建 平成25年2013年の受験者数と合格率受験者数186.292人合格者数28.470人合格率15.28%スポンサーリンク(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});(adsbygoogle = window.adsbygoogle || [...

≫続きを読む

宅建過去問2013年(平成25年)全問

宅建過去問平成25年【問1】次の記述のうち、民法の条文に規定されているものはどれか。1 意思表示に法律行為の要素の錯誤があった場合は、表意者は、その意思表示を取り消すことができる旨2 贈与者は、贈与の目的である物又は権利の瑕疵又は不存在を知りながら受贈者に告げなかった場合は、その物又は権利の瑕疵又は...

≫続きを読む

宅建過去問2013年(平成25年)その1

宅建過去問平成25年【問1】次の記述のうち、民法の条文に規定されているものはどれか。1 意思表示に法律行為の要素の錯誤があった場合は、表意者は、その意思表示を取り消すことができる旨2 贈与者は、贈与の目的である物又は権利の瑕疵又は不存在を知りながら受贈者に告げなかった場合は、その物又は権利の瑕疵又は...

≫続きを読む

宅建過去問2013年(平成25年)その2

宅建過去問平成25年【問6】A銀行のBに対する貸付債権1,500万円につき、CがBの委託を受けて全額について連帯保証をし、D及びEは物上保証人として自己の所有する不動産にそれぞれ抵当権を設定していた場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。1 CがA銀行に対して債権全額に...

≫続きを読む

宅建過去問2013年(平成25年)その3

宅建過去問平成25年【問11】Aは、A所有の甲建物につき、Bとの間で期間を10年とする借地借家法第38条第1項の定期建物賃貸借契約を締結し、Bは甲建物をさらにCに賃貸(転貸)した。この場合に関する次の記述のうち、民法及び借地借家法の規定並びに判例によれば、正しいものはどれか。1 BがAに無断で甲建物...

≫続きを読む

宅建過去問2013年(平成25年)その4

宅建過去問平成25年【問16】都市計画法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。1 開発行為とは、主として建築物の建築の用に供する目的で行う土地の区画形質の変更を指し、特定工作物の建設の用に供する目的で行う土地の区画形質の変更は開発行為には該当しない。2 市街化調整区域において行う開発行為で、そ...

≫続きを読む

宅建過去問2013年(平成25年)その5

宅建過去問平成25年【問21】農地法(以下この問において「法」という。)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。1 農地の賃貸借について法第3条第1項の許可を得て農地の引渡しを受けても、土地登記簿に登記をしなかった場合、その後、その農地について所有権を取得した第三者に対抗することができない。2 ...

≫続きを読む

宅建過去問2013年(平成25年)その6

宅建過去問平成25年【問26】宅地建物取引業の免許(以下この問において「免許」という。)に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。1 宅地建物取引業者A社の代表取締役が、道路交通法違反により罰金の刑に処せられたとしても、A社の免許は取り消されることはない。2 宅地建...

≫続きを読む

宅建過去問2013年(平成25年)その7

宅建過去問平成25年【問31】宅地建物取引業者A社が宅地建物取引業法第37条の規定により交付すべき書面(以下この問において「37条書面」という。)に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものの組合せはどれか。ア A社は、建物の貸借に関し、自ら貸主として契約を締結した場合に、その...

≫続きを読む

宅建過去問2013年(平成25年)その8

宅建過去問平成25年【問36】宅地建物取引業者A社が行う業務に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)の規定に違反しないものはどれか。なお、この問において「37条書面」とは、法第37条の規定により交付すべき書面をいうものとする。1 A社は、宅地の売買の媒介に際して、...

≫続きを読む

宅建過去問2013年(平成25年)その9

宅建過去問平成25年【問41】宅地建物取引業法の規定によれば、次の記述のうち、正しいものはどれか。1 宅地建物取引業者は、その事務所ごとにその業務に関する帳簿を備えなければならないが、当該帳簿の記載事項を事務所のパソコンのハードディスクに記録し、必要に応じ当該事務所においてパソコンやプリンターを用い...

≫続きを読む

宅建過去問2013年(平成25年)その10

宅建過去問平成25年【問46】独立行政法人住宅金融支援機構(以下この問において「機構」という。)に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。1 機構は、住宅の建設又は購入に必要な資金の貸付けに係る金融機関の貸付債権の譲受けを業務として行っているが、当該住宅の建設又は購入に付随する土地又は借地権の...

≫続きを読む

スポンサーリンク