宅建過去問2012年(平成24年)

宅建過去問2012年(平成24年)

宅建過去問2012年(平成24年)記事一覧

宅建過去問1問〜50問2012年(平成24年)

宅建 平成24年2012年の受験者数と合格率受験者数191,169人合格者数32,000人合格率16.74%スポンサーリンク(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});(adsbygoogle = window.adsbygoogle || [...

≫続きを読む

宅建過去問2012年(平成24年)全問

宅建過去問平成24年【問1】民法第94条第2項は、相手方と通じてした虚偽の意思表示の無効は「善意の第三者に対抗することができない。」と定めている。次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、同項の「第三者」に該当しないものはどれか。1 Aが所有する甲土地につき、AとBが通謀の上で売買契約を仮装し、A...

≫続きを読む

宅建過去問2012年(平成24年)その1

宅建過去問平成24年【問1】民法第94条第2項は、相手方と通じてした虚偽の意思表示の無効は「善意の第三者に対抗することができない。」と定めている。次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、同項の「第三者」に該当しないものはどれか。1 Aが所有する甲土地につき、AとBが通謀の上で売買契約を仮装し、A...

≫続きを読む

宅建過去問2012年(平成24年)その2

宅建過去問平成24年【問6】 A所有の甲土地についての所有権移転登記と権利の主張に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。1 甲土地につき、時効により所有権を取得したBは、時効完成前にAから甲土地を購入して所有権移転登記を備えたCに対して、時効による所有権の取得を主張す...

≫続きを読む

宅建過去問2012年(平成24年)その3

宅建過去問平成24年【問11】 賃貸借契約に関する次の記述のうち、民法及び借地借家法の規定並びに判例によれば、誤っているものはどれか。1 建物の所有を目的とする土地の賃貸借契約において、借地権の登記がなくても、その土地上の建物に借地人が自己を所有者と記載した表示の登記をしていれば、借地権を第三者に対...

≫続きを読む

宅建過去問2012年(平成24年)その4

宅建過去問平成24年【問16】 都市計画法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。1 市街地開発事業等予定区域に関する都市計画において定められた区域内において、非常災害のため必要な応急措置として行う建築物の建築であれば、都道府県知事(市の区域内にあっては、当該市の長)の許可を受ける必要はない。2...

≫続きを読む

宅建過去問2012年(平成24年)その5

宅建過去問平成24年【問21】 土地区画整理法における土地区画整理組合に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。1 土地区画整理組合は、総会の議決により解散しようとする場合において、その解散について、認可権者の認可を受けなければならない。2 土地区画整理組合は、土地区画整理事業について都市計画...

≫続きを読む

宅建過去問2012年(平成24年)その6

宅建過去問平成24年【問26】 宅地建物取引業の免許(以下この問において「免許」という。)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。1 免許を受けようとするA社に、刑法第204条(傷害)の罪により懲役1年(執行猶予2年)の刑に処せられ、その刑の執行猶予期間を満了した者が役員として在籍している場合、...

≫続きを読む

宅建過去問2012年(平成24年)その7

宅建過去問平成24年【問31】 宅地建物取引業者A社が宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)第37条の規定により交付すべき書面(以下この問において「37条書面」という。)に関する次の記述のうち、法の規定に違反するものはどれか。1 A社は、自ら売主として宅地建物取引業者でない買主との間で...

≫続きを読む

宅建過去問2012年(平成24年)その8

宅建過去問平成24年【問36】 宅地建物取引士に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。1 宅地建物取引業者A社は、その主たる事務所に従事する唯一の専任の宅地建物取引士が退職したときは、30日以内に、新たな専任の宅地建物取引士を設置しなければならない。2 宅地建物取...

≫続きを読む

宅建過去問2012年(平成24年)その9

宅建過去問平成24年【問41】 宅地建物取引業者A社による投資用マンションの販売の勧誘に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定に違反するものはいくつあるか。ア A社の従業員は、勧誘に先立ってA社の商号及び自らの氏名を告げてから勧誘を行ったが、勧誘の目的が投資用マンションの売買契約の締結である旨...

≫続きを読む

宅建過去問2012年(平成24年)その10

宅建過去問平成24年【問46】 独立行政法人住宅金融支援機構(以下この問において「機構」という。)に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。1 機構は、証券化支援事業(買取型)において、民間金融機関から買い取った住宅ローン債権を担保としてMBS(資産担保証券)を発行している。2 証券化支援事業...

≫続きを読む

スポンサーリンク