宅建過去問1問〜50問2012年(平成24年)

宅建過去問2012年(平成24年)

宅建 平成24年2012年の受験者数と合格率

受験者数 191,169人
合格者数 32,000人
合格率 16.74%

 

 

スポンサーリンク

宅建過去問1問〜50問2012年(平成24年)

宅建過去問 平成24年2012年 項目別

【権利関係】
問題 1

通謀虚偽表示

【権利関係】
問題 2

代理

【権利関係】
問題 3

条文に規定されているもの

【権利関係】
問題 4

無権代理

【権利関係】
問題 5

請負

【権利関係】
問題 6

物権変動と登記

【権利関係】
問題 7

物上代位(抵当権)

【権利関係】
問題 8

債務不履行

【権利関係】
問題 9

使用者責任

【権利関係】
問題10

相続

【権利関係】
問題11

借地借家法(借地)

【権利関係】
問題12

借地借家法(借家)

【権利関係】
問題13

区分所有法

【権利関係】
問題14

不動産登記法

【法令上の制限】
問題15

国土利用計画法

【法令上の制限】
問題16

都市計画法

【法令上の制限】
問題17

都市計画法

【法令上の制限】
問題18

建築基準法

【法令上の制限】
問題19

建築基準法

【法令上の制限】
問題20

宅地造成等規制法

【法令上の制限】
問題21

土地区画整理法

【法令上の制限】
問題22

農地法

【税金】
問題23

所得税

【税金】
問題24

不動産取得税

【鑑定評価】
問題25

不動産鑑定評価

【宅建業法】
問題26

免許の欠格要件

【宅建業法】
問題27

免許

【宅建業法】
問題28

広告に関する規制

【宅建業法】
問題29

媒介契約

【宅建業法】
問題30

重要事項の説明

【宅建業法】
問題31

37条書面(契約書面)

【宅建業法】
問題32

重要事項の説明・契約書面

【宅建業法】
問題33

営業保証金

【宅建業法】
問題34

手付金

【宅建業法】
問題35

報酬

【宅建業法】
問題36

取引主任者

【宅建業法】
問題37

クーリング・オフ

【宅建業法】
問題38

損害賠償額の予定

【宅建業法】
問題39

瑕疵担保責任

【宅建業法】
問題40

業務上の規制

【宅建業法】
問題41

勧誘の規制

【宅建業法】
問題42

案内所

【宅建業法】
問題43

保証協会

【宅建業法】
問題44

監督処分

【宅建業法】
問題45

住宅瑕疵担保履行法

【住宅金融支援機構】
問題46

住宅金融支援機構

【景表法】
問題47

景品表示法

【統計】
問題48

統計

【土地】
問題49

土地

【建物】
問題50

建物

宅建過去問1問〜50問2012年(平成24年)記事一覧

宅建過去問2012年(平成24年)問1【権利関係】通謀虚偽表示

宅建過去問平成24年【問1】民法第94条第2項は、相手方と通じてした虚偽の意思表示の無効は「善意の第三者に対抗することができない。」と定めている。次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、同項の「第三者」に該当しないものはどれか。1 Aが所有する甲土地につき、AとBが通謀の上で売買契約を仮装し、A...

≫続きを読む

宅建過去問2012年(平成24年)問2【権利関係】代理

宅建過去問平成24年【問2】代理に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。1 未成年者が代理人となって締結した契約の効果は、当該行為を行うにつき当該未成年者の法定代理人による同意がなければ、有効に本人に帰属しない。2 法人について即時取得の成否が問題となる場合、当該...

≫続きを読む

宅建過去問2012年(平成24年)問3【権利関係】条文に規定されているもの

宅建過去問平成24年【問3】 次の記述のうち、民法の条文に規定されているものはどれか。1 意思能力を欠く状態でなされた意思表示が無効である旨2 契約締結に当たって当事者が基礎とした事情に変更が生じた場合に、当事者は契約の再交渉を求めることができる旨3 保証契約は、書面でしなければその効力を生じない旨...

≫続きを読む

宅建過去問2012年(平成24年)問4【権利関係】無権代理

宅建過去問平成24年【問4】 A所有の甲土地につき、Aから売却に関する代理権を与えられていないBが、Aの代理人として、Cとの間で売買契約を締結した場合における次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。なお、表見代理は成立しないものとする。1 Bの無権代理行為をAが追認した場...

≫続きを読む

宅建過去問2012年(平成24年)問5【権利関係】請負

宅建過去問平成24年【問5】 次の1から4までの記述のうち、民法の規定及び下記判決文によれば、明らかに誤っているものはどれか。(判決文)請負人が建築した建物に重大な瑕疵があって建て替えるほかはない場合に、当該建物を収去することは社会経済的に大きな損失をもたらすものではなく、また、そのような建物を建て...

≫続きを読む

宅建過去問2012年(平成24年)問6【権利関係】物権変動と登記

宅建過去問平成24年【問6】 A所有の甲土地についての所有権移転登記と権利の主張に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。1 甲土地につき、時効により所有権を取得したBは、時効完成前にAから甲土地を購入して所有権移転登記を備えたCに対して、時効による所有権の取得を主張す...

≫続きを読む

宅建過去問2012年(平成24年)問7【権利関係】物上代位(抵当権)

宅建過去問平成24年【問7】 物上代位に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。なお、物上代位を行う担保権者は、物上代位の対象とする目的物について、その払渡し又は引渡しの前に差し押さえるものとする。1 Aの抵当権設定登記があるB所有の建物の賃料債権について、Bの一般...

≫続きを読む

宅建過去問2012年(平成24年)問8【権利関係】債務不履行

宅建過去問平成24年【問8】 債務不履行に基づく損害賠償請求権に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。1 AがBと契約を締結する前に、信義則上の説明義務に違反して契約締結の判断に重要な影響を与える情報をBに提供しなかった場合、Bが契約を締結したことにより被った損害...

≫続きを読む

宅建過去問2012年(平成24年)問9【権利関係】使用者責任

宅建過去問平成24年【問9】 Aに雇用されているBが、勤務中にA所有の乗用車を運転し、営業活動のため得意先に向かっている途中で交通事故を起こし、歩いていたCに危害を加えた場合における次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。1 BのCに対する損害賠償義務が消滅時効にかかったとし...

≫続きを読む

宅建過去問2012年(平成24年)問10【権利関係】相続

宅建過去問平成24年【問10】 Aは未婚で子供がなく、父親Bが所有する甲建物にBと同居している。Aの母親Cは平成23年3月末日に死亡している。AにはBとCの実子である兄Dがいて、DはEと婚姻して実子Fがいたが、Dは平成24年3月末日に死亡している。この場合における次の記述のうち、民法の規定及び判例に...

≫続きを読む

宅建過去問2012年(平成24年)問11【権利関係】借地借家法(借地)

宅建過去問平成24年【問11】 賃貸借契約に関する次の記述のうち、民法及び借地借家法の規定並びに判例によれば、誤っているものはどれか。1 建物の所有を目的とする土地の賃貸借契約において、借地権の登記がなくても、その土地上の建物に借地人が自己を所有者と記載した表示の登記をしていれば、借地権を第三者に対...

≫続きを読む

宅建過去問2012年(平成24年)問12【権利関係】借地借家法(借家)

宅建過去問平成24年【問12】 A所有の居住用建物(床面積50u)につき、Bが賃料月額10万円、期間を2年として、賃貸借契約(借地借家法第38条に規定する定期建物賃貸借、同法第39条に規定する取壊し予定の建物の賃貸借及び同法第40条に規定する一時使用目的の建物の賃貸借を除く。以下この問において「本件...

≫続きを読む

宅建過去問2012年(平成24年)問13【権利関係】区分所有法

宅建過去問平成24年【問13】 建物の区分所有等に関する法律に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。1 共用部分の保存行為は、規約に別段の定めがない限り、集会の決議を経ずに各区分所有者が単独ですることができる。2 共用部分の変更(その形状又は効用の著しい変更を伴わないものを除く。)は、区分所...

≫続きを読む

宅建過去問2012年(平成24年)問14【権利関係】不動産登記法

宅建過去問平成24年【問14】 不動産の登記に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。1 登記の申請をする者の委任による代理人の権限は、本人の死亡によっては、消滅しない。2 承役地についてする地役権の設定の登記は、要役地に所有権の登記がない場合においても、することができる。3 区分建物である建...

≫続きを読む

宅建過去問2012年(平成24年)問15【法令上の制限】国土利用計画法

宅建過去問平成24年【問15】 国土利用計画法第23条の届出(以下この問において「事後届出」という。)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。1 土地売買等の契約による権利取得者が事後届出を行う場合において、当該土地に関する権利の移転の対価が金銭以外のものであるときは、当該権利取得者は、当該対価...

≫続きを読む

宅建過去問2012年(平成24年)問16【法令上の制限】都市計画法

宅建過去問平成24年【問16】 都市計画法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。1 市街地開発事業等予定区域に関する都市計画において定められた区域内において、非常災害のため必要な応急措置として行う建築物の建築であれば、都道府県知事(市の区域内にあっては、当該市の長)の許可を受ける必要はない。2...

≫続きを読む

宅建過去問2012年(平成24年)問17【法令上の制限】都市計画法

宅建過去問平成24年【問17】 次の記述のうち、都市計画法による許可を受ける必要のある開発行為の組合せとして、正しいものはどれか。ただし、許可を要する開発行為の面積については、条例による定めはないものとする。ア 市街化調整区域において、図書館法に規定する図書館の建築の用に供する目的で行われる3,00...

≫続きを読む

宅建過去問2012年(平成24年)問18【法令上の制限】建築基準法

宅建過去問平成24年【問18】 建築基準法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。1 建築基準法の改正により、現に存する建築物が改正後の建築基準法の規定に適合しなくなった場合、当該建築物は違反建築物となり、速やかに改正後の建築基準法の規定に適合させなければならない。2 事務所の用途に供する建築物...

≫続きを読む

宅建過去問2012年(平成24年)問19【法令上の制限】建築基準法

宅建過去問平成24年【問19】 建築基準法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。1 街区の角にある敷地又はこれに準ずる敷地内にある建築物の建ぺい率については、特定行政庁の指定がなくとも都市計画において定められた建ぺい率の数値に10分の1を加えた数値が限度となる。2 第一種低層住居専用地域又は第...

≫続きを読む

宅建過去問2012年(平成24年)問20【法令上の制限】宅地造成等規制法

宅建過去問平成24年【問20】 宅地造成等規制法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。なお、この問において「都道府県知事」とは、地方自治法に基づく指定都市、中核市及び特例市にあってはその長をいうものとする。1 宅地造成工事規制区域内において行われる宅地造成に関する工事が完了した場合、造成主...

≫続きを読む

宅建過去問2012年(平成24年)問21【法令上の制限】土地区画整理法

宅建過去問平成24年【問21】 土地区画整理法における土地区画整理組合に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。1 土地区画整理組合は、総会の議決により解散しようとする場合において、その解散について、認可権者の認可を受けなければならない。2 土地区画整理組合は、土地区画整理事業について都市計画...

≫続きを読む

宅建過去問2012年(平成24年)問22【法令上の制限】農地法

宅建過去問平成24年【問22】 農地法(以下この問において「法」という。)に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。1 登記簿上の地目が山林となっている土地であっても、現に耕作の目的に供されている場合には、法に規定する農地に該当する。2 法第3条第1項又は第5条第1項の許可が必要な農地の売買に...

≫続きを読む

宅建過去問2012年(平成24年)問23【税金】所得税

宅建過去問平成24年【問23】 平成24年中に、個人が居住用財産を譲渡した場合における譲渡所得の課税に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。1 平成24年1月1日において所有期間が10年以下の居住用財産については、居住用財産の譲渡所得の3,000万円特別控除(租税特別措置法第35条第1項)を適用...

≫続きを読む

宅建過去問2012年(平成24年)問24【税金】不動産取得税

宅建過去問平成24年【問24】 不動産取得税に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。1 不動産取得税の課税標準となるべき額が、土地の取得にあっては10万円、家屋の取得のうち建築に係るものにあっては1戸につき23万円、その他のものにあっては1戸につき12万円に満たない場合においては、不動産取得税が...

≫続きを読む

宅建過去問2012年(平成24年)問25【鑑定評価】不動産鑑定評価

宅建過去問平成24年【問25】 不動産の鑑定評価に関する次の記述のうち、不動産鑑定評価基準によれば、誤っているものはどれか。1 不動産の価格を形成する要因とは、不動産の効用及び相対的稀少性並びに不動産に対する有効需要の三者に影響を与える要因をいう。不動産の鑑定評価を行うに当たっては、不動産の価格を形...

≫続きを読む

宅建過去問2012年(平成24年)問26【宅建業法】免許の欠格要件

宅建過去問平成24年【問26】 宅地建物取引業の免許(以下この問において「免許」という。)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。1 免許を受けようとするA社に、刑法第204条(傷害)の罪により懲役1年(執行猶予2年)の刑に処せられ、その刑の執行猶予期間を満了した者が役員として在籍している場合、...

≫続きを読む

宅建過去問2012年(平成24年)問27【宅建業法】免許

宅建過去問平成24年【問27】 宅地建物取引業の免許(以下この問において「免許」という。)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。1 免許を受けていた個人Aが死亡した場合、その相続人Bは、死亡を知った日から30日以内にその旨をAが免許を受けた国土交通大臣又は都道府県知事に届け出なければならない。...

≫続きを読む

宅建過去問2012年(平成24年)問28【宅建業法】広告に関する規制

宅建過去問平成24年【問28】 宅地建物取引業者が行う広告に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)の規定によれば、正しいものはいくつあるか。ア 建物の所有者と賃貸借契約を締結し、当該建物を転貸するための広告をする際は、当該広告に自らが契約の当事者となって貸借を成立...

≫続きを読む

宅建過去問2012年(平成24年)問29【宅建業法】媒介契約

宅建過去問平成24年【問29】 宅地建物取引業者A社が、宅地建物取引業者でないBから自己所有の土地付建物の売却の媒介を依頼された場合における次の記述のうち、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)の規定によれば、誤っているものはどれか。1 A社がBと専任媒介契約を締結した場合、当該土地付...

≫続きを読む

宅建過去問2012年(平成24年)問30【宅建業法】重要事項の説明

宅建過去問平成24年【問30】 宅地建物取引業者が行う宅地建物取引業法第35条に規定する重要事項の説明に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。1 建物の貸借の媒介を行う場合、当該建物が住宅の品質確保の促進等に関する法律に規定する住宅性能評価を受けた新築住宅であるときは、その旨について説明しなけれ...

≫続きを読む

宅建過去問2012年(平成24年)問31【宅建業法】37条書面(契約書面)

宅建過去問平成24年【問31】 宅地建物取引業者A社が宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)第37条の規定により交付すべき書面(以下この問において「37条書面」という。)に関する次の記述のうち、法の規定に違反するものはどれか。1 A社は、自ら売主として宅地建物取引業者でない買主との間で...

≫続きを読む

宅建過去問2012年(平成24年)問32【宅建業法】重要事項の説明・契約書面

宅建過去問平成24年【問32】 宅地建物取引業者A社が、自ら売主として宅地建物取引業者でない買主Bと宅地の売買について交渉を行う場合における次の記述のうち、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)の規定に違反しないものはどれか。なお、この問において、「重要事項説明」とは、法第35条の規定...

≫続きを読む

宅建過去問2012年(平成24年)問33【宅建業法】営業保証金

宅建過去問平成24年【問33】 宅地建物取引業者A社の営業保証金に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。1 A社が地方債証券を営業保証金に充てる場合、その価額は額面金額の100分の90である。2 A社は、営業保証金を本店及び支店ごとにそれぞれ最寄りの供託所に供託し...

≫続きを読む

宅建過去問2012年(平成24年)問34【宅建業法】手付金

宅建過去問平成24年【問34】 宅地建物取引業者A社は、自ら売主として宅地建物取引業者でない買主Bとの間で、中古マンション(代金2,000万円)の売買契約(以下「本件売買契約」という。)を締結し、その際、代金に充当される解約手付金200万円(以下「本件手付金」という。)を受領した。この場合におけるA...

≫続きを読む

宅建過去問2012年(平成24年)問35【宅建業法】報酬

宅建過去問平成24年【問35】 宅地建物取引業者A社(消費税課税事業者)は売主Bから土地付中古別荘の売却の代理の依頼を受け、宅地建物取引業者C社(消費税課税事業者)は買主Dから別荘用物件の購入に係る媒介の依頼を受け、BとDの間で当該土地付中古別荘の売買契約を成立させた。この場合における次の記述のうち...

≫続きを読む

宅建過去問2012年(平成24年)問36【宅建業法】取引主任者

宅建過去問平成24年【問36】 宅地建物取引士に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。1 宅地建物取引業者A社は、その主たる事務所に従事する唯一の専任の宅地建物取引士が退職したときは、30日以内に、新たな専任の宅地建物取引士を設置しなければならない。2 宅地建物取...

≫続きを読む

宅建過去問2012年(平成24年)問37【宅建業法】クーリング・オフ

宅建過去問平成24年【問37】 宅地建物取引業者A社が、自ら売主として宅地建物取引業者でない買主Bとの間で締結した建物の売買契約について、Bが宅地建物取引業法第37条の2の規定に基づき、いわゆるクーリング・オフによる契約の解除をする場合における次の記述のうち、正しいものはどれか。1 Bは、モデルルー...

≫続きを読む

宅建過去問2012年(平成24年)問38【宅建業法】損害賠償額の予定

宅建過去問平成24年【問38】 宅地建物取引業者A社が、自ら売主として締結する建築工事完了後の新築分譲マンション(代金3,000万円)の売買契約に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、誤っているものはいくつあるか。ア A社は、宅地建物取引業者である買主Bとの当該売買契約の締結に際して...

≫続きを読む

宅建過去問2012年(平成24年)問39【宅建業法】瑕疵担保責任

宅建過去問平成24年【問39】 宅地建物取引業者A社が、自ら売主として建物の売買契約を締結する際の特約に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定に違反するものはどれか。1 当該建物が新築戸建住宅である場合、宅地建物取引業者でない買主Bの売買を代理する宅地建物取引業者C社との間で当該契約締結を行う...

≫続きを読む

宅建過去問2012年(平成24年)問40【宅建業法】業務上の規制

宅建過去問平成24年【問40】 次の記述のうち、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)の規定によれば、正しいものはいくつあるか。ア 不当な履行遅延の禁止(法第44条)は、宅地若しくは建物の登記若しくは引渡し又は取引に係る対価の支払を対象とするのみである。イ 宅地建物取引業者は、個人情報...

≫続きを読む

宅建過去問2012年(平成24年)問41【宅建業法】勧誘の規制

宅建過去問平成24年【問41】 宅地建物取引業者A社による投資用マンションの販売の勧誘に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定に違反するものはいくつあるか。ア A社の従業員は、勧誘に先立ってA社の商号及び自らの氏名を告げてから勧誘を行ったが、勧誘の目的が投資用マンションの売買契約の締結である旨...

≫続きを読む

宅建過去問2012年(平成24年)問42【宅建業法】案内所

宅建過去問平成24年【問42】 宅地建物取引業者A社(国土交通大臣免許)が行う宅地建物取引業者B社(甲県知事免許)を売主とする分譲マンション(100戸)に係る販売代理について、A社が単独で当該マンションの所在する場所の隣地に案内所を設けて売買契約の締結をしようとする場合における次の記述のうち、宅地建...

≫続きを読む

宅建過去問2012年(平成24年)問43【宅建業法】保証協会

宅建過去問平成24年【問43】 宅地建物取引業保証協会(以下この問において「保証協会」という。)に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、誤っているものはどれか。1 保証協会は、弁済業務保証金分担金の納付を受けたときは、その納付を受けた額に相当する額の弁済業務保証金を供託しなければなら...

≫続きを読む

宅建過去問2012年(平成24年)問44【宅建業法】監督処分

宅建過去問平成24年【問44】 宅地建物取引業法の規定に基づく監督処分に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。1 国土交通大臣又は都道府県知事は、宅地建物取引業者に対して必要な指示をしようとするときは、行政手続法に規定する弁明の機会を付与しなければならない。2 甲県知事は、宅地建物取引業者A社(...

≫続きを読む

宅建過去問2012年(平成24年)問45【宅建業法】住宅瑕疵担保履行法

宅建過去問平成24年【問45】 特定住宅瑕疵疵担保責任の履行の確保等に関する法律に基づく住宅販売瑕疵担保保証金の供託又は住宅販売瑕疵担保責任保険契約の締結(以下この問において「資力確保措置」という。)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。1 自ら売主として新築住宅を宅地建物取引業者でない買主に...

≫続きを読む

宅建過去問2012年(平成24年)問46【住宅金融支援機構法】住宅金融支援機構

宅建過去問平成24年【問46】 独立行政法人住宅金融支援機構(以下この問において「機構」という。)に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。1 機構は、証券化支援事業(買取型)において、民間金融機関から買い取った住宅ローン債権を担保としてMBS(資産担保証券)を発行している。2 証券化支援事業...

≫続きを読む

宅建過去問2012年(平成24年)問47【景表法】景品表示法

宅建過去問平成24年【問47】 宅地建物取引業者が行う広告に関する次の記述のうち、不当景品類及び不当表示防止法(不動産の表示に関する公正競争規約を含む。)の規定によれば、正しいものはどれか。1 宅地建物取引業者が自ら所有する不動産を販売する場合の広告には、取引態様の別として「直販」と表示すればよい。...

≫続きを読む

宅建過去問2012年(平成24年)問48【統計】統計

宅建過去問平成24年【問48】 宅地建物の統計等に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。1 平成24年地価公示(平成24年3月公表)によれば、平成23年の1年間の地価を前年1年間と比較すると、三大都市圏平均で住宅地・商業地ともに下落率が縮小したものの、地方平均は住宅地・商業地ともに引き続き下落率...

≫続きを読む

宅建過去問2012年(平成24年)問49【土地】土地

宅建過去問平成24年【問49】 土地に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。1 台地は、一般的に地盤が安定しており、低地に比べ自然災害に対して安全度は高い。2 台地や段丘上の浅い谷に見られる小さな池沼を埋め立てた所では、地震の際に液状化が生じる可能性がある。3 丘陵地帯で地下水位が深く、砂...

≫続きを読む

宅建過去問2012年(平成24年)問50【建物】建物

宅建過去問平成24年【問50】 建物の構造に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。1 鉄筋コンクリート構造の中性化は、構造体の耐久性や寿命に影響しない。2 木造建物の寿命は、木材の乾燥状態や防虫対策などの影響を受ける。3 鉄筋コンクリート構造のかぶり厚さとは、鉄筋の表面からこれを覆うコンク...

≫続きを読む

スポンサーリンク