宅建過去問2012年(平成24年)その5

宅建過去問2012年(平成24年)その5

宅建過去問平成24年【問21】 

 

土地区画整理法における土地区画整理組合に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

 

 

1 土地区画整理組合は、総会の議決により解散しようとする場合において、その解散について、認可権者の認可を受けなければならない。

 

2 土地区画整理組合は、土地区画整理事業について都市計画に定められた施行区域外において、土地区画整理事業を施行することはできない。

 

3 土地区画整理組合が施行する土地区画整理事業の換地計画においては、土地区画整理事業の施行の費用に充てるため、一定の土地を換地として定めないで、その土地を保留地として定めることができる。

 

4 土地区画整理組合が施行する土地区画整理事業に係る施行地区内の宅地について所有権又は借地権を有する者は、すべてその組合の組合員とする。

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

スポンサーリンク

 


 


 

 

 

 

宅建過去問平成24年【問22】 

 

農地法(以下この問において「法」という。)に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

 

 

1 登記簿上の地目が山林となっている土地であっても、現に耕作の目的に供されている場合には、法に規定する農地に該当する。

 

2 法第3条第1項又は第5条第1項の許可が必要な農地の売買について、これらの許可を受けずに売買契約を締結しても、その所有権は移転しない。

 

3 市街化区域内の農地について、あらかじめ農業委員会に届け出てその所有者が自ら駐車場に転用する場合には、法第4条第1項の許可を受ける必要はない。

 

4 砂利採取法による認可を受けた砂利採取計画に従って砂利を採取するために農地を一時的に貸し付ける場合には、法第5条第1項の許可を受ける必要はない。

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 


 


 

 

 

 

宅建過去問平成24年【問23】 

 

平成24年中に、個人が居住用財産を譲渡した場合における譲渡所得の課税に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

 

 

1 平成24年1月1日において所有期間が10年以下の居住用財産については、居住用財産の譲渡所得の3,000万円特別控除(租税特別措置法第35条第1項)を適用することができない。

 

2 平成24年1月1日において所有期間が10年を超える居住用財産について、収用交換等の場合の譲渡所得等の5,000万円特別控除(租税特別措置法第33条の4第1項)の適用を受ける場合であっても、特別控除後の譲渡益について、居住用財産を譲渡した場合の軽減税率の特例(同法第31条の3第1項)を適用することができる。

 

3 平成24年1月1日において所有期間が10年を超える居住用財産について、その譲渡した時にその居住用財産を自己の居住の用に供していなければ、居住用財産を譲渡した場合の軽減税率の特例を適用することができない。

 

4 平成24年1月1日において所有期間が10年を超える居住用財産について、その者と生計を一にしていない孫に譲渡した場合には、居住用財産の譲渡所得の3,000万円特別控除を適用することができる。

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

スポンサーリンク

 


 


 

 

 

 

宅建過去問平成24年【問24】 

 

不動産取得税に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

 

 

1 不動産取得税の課税標準となるべき額が、土地の取得にあっては10万円、家屋の取得のうち建築に係るものにあっては1戸につき23万円、その他のものにあっては1戸につき12万円に満たない場合においては、不動産取得税が課されない。

 

2 平成24年4月に取得した床面積250uである新築住宅に係る不動産取得税の課税標準の算定については、当該新築住宅の価格から1,200万円が控除される。

 

3 宅地の取得に係る不動産取得税の課税標準は、当該取得が平成27年3月31日までに行われた場合、当該宅地の価格の4分の1の額とされる。

 

4 家屋が新築された日から2年を経過して、なお、当該家屋について最初の使用又は譲渡が行われない場合においては、当該家屋が新築された日から2年を経過した日において家屋の取得がなされたものとみなし、当該家屋の所有者を取得者とみなして、これに対して不動産取得税を課する。

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.1

 


 


 

 

 

 

宅建過去問平成24年【問25】 

 

不動産の鑑定評価に関する次の記述のうち、不動産鑑定評価基準によれば、誤っているものはどれか。

 

 

1 不動産の価格を形成する要因とは、不動産の効用及び相対的稀少性並びに不動産に対する有効需要の三者に影響を与える要因をいう。不動産の鑑定評価を行うに当たっては、不動産の価格を形成する要因を明確に把握し、かつ、その推移及び動向並びに諸要因間の相互関係を十分に分析すること等が必要である。

 

2 不動産の鑑定評価における各手法の適用に当たって必要とされる事例は、鑑定評価の各手法に即応し、適切にして合理的な計画に基づき、豊富に秩序正しく収集、選択されるべきであり、例えば、投機的取引と認められる事例は用いることができない。

 

3 取引事例比較法においては、時点修正が可能である等の要件をすべて満たした取引事例について、近隣地域又は同一需給圏内の類似地域に存する不動産に係るもののうちから選択するものとするが、必要やむを得ない場合においては、近隣地域の周辺の地域に存する不動産に係るもののうちから選択することができる。

 

4 原価法における減価修正の方法としては、耐用年数に基づく方法と、観察減価法の二つの方法があるが、これらを併用することはできない。

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 


 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

関連ページ

宅建過去問1問〜50問2012年(平成24年)
宅建過去問サイトです。宅地建物取引士試験の過去問平成24年2012年をスマホで勉強できるように載せています。過去問をすることで宅地建物取引士の試験の傾向がわかります。ぜひ宅地建物取引士合格に向けて宅建過去問サイトを活用してください。
宅建過去問2012年(平成24年)全問
宅建過去問2012年度(平成24年)です。1問から50問まで通して宅建の過去問が出来ます。自分の実力を見てみましょう。
宅建過去問2012年(平成24年)その1
宅建過去問2012年(平成24年)その1、宅地建物取引士試験対策用の過去問です。通謀虚偽表示、代理、条文に規定されているもの、無権代理、請負
宅建過去問2012年(平成24年)その2
宅建過去問2012年(平成24年)その2、宅地建物取引士試験対策用の過去問です。物権変動と登記,物上代位(抵当権),債務不履行,使用者責任,相続
宅建過去問2012年(平成24年)その3
宅建過去問2012年(平成24年)その3、宅地建物取引士試験対策用の過去問です。借地借家法,区分所有法,不動産登記法,国土利用計画法
宅建過去問2012年(平成24年)その4
宅建過去問2012年(平成24年)その4、宅地建物取引士試験対策用の過去問です。都市計画法,建築基準法,宅地造成等規制法
宅建過去問2012年(平成24年)その6
宅建過去問2012年(平成24年)その6、宅地建物取引士試験対策用の過去問です。免許の欠格要件,免許,広告に関する規制,媒介契約,重要事項の説明
宅建過去問2012年(平成24年)その7
宅建過去問2012年(平成24年)その7、宅地建物取引士試験対策用の過去問です。37条書面,重要事項の説明・契約書面,営業保証金,手付金,報酬
宅建過去問2012年(平成24年)その8
宅建過去問2012年(平成24年)その8、宅地建物取引士試験対策用の過去問です。取引主任者,クーリング・オフ,損害賠償額の予定,瑕疵担保責任,業務上の規制
宅建過去問2012年(平成24年)その9
宅建過去問2012年(平成24年)その9、宅地建物取引士試験対策用の過去問です。勧誘の規制,案内所,保証協会,監督処分,住宅瑕疵担保履行法
宅建過去問2012年(平成24年)その10
宅建過去問2012年(平成24年)その10、宅地建物取引士試験対策用の過去問です。住宅金融支援機構,景品表示法,統計,土地,建物