宅建過去問1989年(平成1年)

宅建過去問1989年(平成1年)

宅建過去問1989年(平成1年)記事一覧

宅建過去問1問〜50問1989年(平成1年)

宅建 平成元年1989年の受験者数と合格率受験者数281,701人合格者数41,978人合格率14.90%スポンサーリンク(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []...

≫続きを読む

宅建過去問1989年(平成1年)全問

宅建過去問平成1年,[問1]地形に関する次の記述のうち,誤っているものはどれか。(1)地表がほとんど平坦で,近くの河,湖,海などの水面との高低差が極めて小さく,古い集落や街道がないような地形は,軟弱地盤であることが多い。(2)断層とは,地表がある面を境として互いに上下・左右にずれているものであり,断...

≫続きを読む

宅建過去問1989年(平成1年)その1

宅建過去問平成1年,[問1]地形に関する次の記述のうち,誤っているものはどれか。(1)地表がほとんど平坦で,近くの河,湖,海などの水面との高低差が極めて小さく,古い集落や街道がないような地形は,軟弱地盤であることが多い。(2)断層とは,地表がある面を境として互いに上下・左右にずれているものであり,断...

≫続きを読む

宅建過去問1989年(平成1年)その2

宅建過去問平成1年,[問6]Aは,自己所有の建物をBに賃貸した。この場合,民法及び借地借家法の規定によれば,次の記述のうち誤っているものはどれか。(1)建物が老朽化してきたため,Aが建物の保存のために必要な修繕をする場合,Bは,Aの修繕行為を拒むことはできない。(2)建物が老朽化してきたため,BがA...

≫続きを読む

宅建過去問1989年(平成1年)その3

宅建過去問平成1年,[問11]Xは,9,000万円の遺産を残して死亡した。Xには,配偶者YとYとの間の子Aがいる。XとYとの間には,Aのほかに子Bもいたが,BはX死亡の前にすでに死亡しており,その子bが残されている。さらに,Xには,非嫡出子Cもいる。また,Aには子aがおり,AはX死亡後直ちに相続を放...

≫続きを読む

宅建過去問1989年(平成1年)その4

宅建過去問平成1年,[問16]区分建物※に係る登記に関する次の記述のうち,誤っているものはどれか。(1)敷地権である旨の登記ある土地の登記記録には,敷地権を目的とする一般の先取特権の保存の登記及び質権又は抵当権の設定の登記は,その土地が敷地権の目的となる前にその登記原因が生じたものであっても,するこ...

≫続きを読む

宅建過去問1989年(平成1年)その5

宅建過去問平成1年,[問21]都市計画法に関する次の記述のうち,正しいものはどれか。(1)開発許可を受けた開発区域内においては,開発行為に関する工事が完了した旨の公告があるまでの間は,建築物の建築は,一切行ってはならない。(2)開発許可を受けた開発区域内においては,開発行為に関する工事が完了した旨の...

≫続きを読む

宅建過去問1989年(平成1年)その6

宅建過去問平成1年,[問26]土地区画整理事業(以下この問において「事業」という。)の換地処分に関する次の記述のうち,正しいものはどれか。(1)土地区画整理組合が施行する事業における保留地は,換地処分の公告があった日の翌日に,都道府県が取得する。(2)換地処分の公告があった場合において,施行地区内の...

≫続きを読む

宅建過去問1989年(平成1年)その7

宅建過去問平成1年,[問31]地方税に関する次の記述のうち,誤っているものはどれか。(1)土地又は家屋に対して課する固定資産税の課税標準は,地目の変換,家屋の改築等特別の事情がない限り,基準年度以後3年間据え置かれる。(2)土地又は家屋に対して課する固定資産税の免税点は,特別の場合を除いてそれぞれ3...

≫続きを読む

宅建過去問1989年(平成1年)その8

宅建過去問平成1年,[問36]次の記述のうち,宅地建物取引業法の規定によれば,正しいものはどれか。(1)A県知事から免許を受けている宅地建物取引業者が,A県内における事務所を廃止し,B県内に新たに事務所を設置して,引き続き宅地建物取引業を営もうとする場合には,B県知事に直接免許申請書を提出して,その...

≫続きを読む

宅建過去問1989年(平成1年)その9

宅建過去問平成1年,[問41]登録に関する次の記述のうち,正しいものはどれか。(1)破産者は,復権後5年を経過しないと,登録を受けることができない。(2)執行猶予つきの懲役の刑に処せられた者は,執行猶予期間満了の日から5年を経過しないと,登録を受けることができない。(3)未成年者は,成人に達しないと...

≫続きを読む

宅建過去問1989年(平成1年)その10

宅建過去問平成1年,[問46]宅地建物取引業者Aは,BからB所有の土地の売却を依頼され,これを,承諾した。AB間の媒介契約が,Bが他の宅地建物取引業者に重ねて売却又は交換の媒介又は代理を依頼することを禁ずるものであった場合,宅地建物取引業法の規定によれば,次の記述のうち正しいものはどれか。(1)この...

≫続きを読む

スポンサーリンク