宅建過去問1990年(平成2年)

宅建過去問1990年(平成2年)

宅建過去問1990年(平成2年)記事一覧

宅建過去問1問〜50問1990年(平成2年)

宅建 平成2年1990年の受験者数と合格率受験者数342,111人合格者数44,149人合格率12.90%スポンサーリンク(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []...

≫続きを読む

宅建過去問1990年(平成2年)全問

宅建過去問平成2年,[問1]建築物の敷地及び構造に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。(1)建築物の敷地は、原則としてこれに接する道路の境より高くなければならない。(2)湿潤な土地、出水のおそれの多い土地に建築物を建築する場合は、盛土、地盤の改良などの措置を講じなければならない。(3)高さ...

≫続きを読む

宅建過去問1990年(平成2年)その1

宅建過去問平成2年,[問1]建築物の敷地及び構造に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。(1)建築物の敷地は、原則としてこれに接する道路の境より高くなければならない。(2)湿潤な土地、出水のおそれの多い土地に建築物を建築する場合は、盛土、地盤の改良などの措置を講じなければならない。(3)高さ...

≫続きを読む

宅建過去問1990年(平成2年)その2

宅建過去問平成2年,[問6]Aは、BからBの所有地を2,000万円で買い受けたが、当該土地には、CのDに対する1,000万円の債権を担保するため、Cの抵当権が設定され、その登記もされていた。この場合、民法の規定によれば、次の記述のうち誤っているものはどれか。(1)Aは、契約の際Cの抵当権のあることを...

≫続きを読む

宅建過去問1990年(平成2年)その3

宅建過去問平成2年,[問11]Aが死亡し、相続人として、妻Bと嫡出子C・D・Eがいる。この場合、民法の規定によれば、次の記述のうち誤っているものはどれか。(1)Cが相続を放棄した場合、DとEの相続分は増えるが、Bの相続分については変わらない。(2)Aが遺産をCに遺贈していた場合、その遺贈は、B、D及...

≫続きを読む

宅建過去問1990年(平成2年)その4

宅建過去問平成2年,[問16]不動産の仮登記に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。(1)所有権移転の仮登記は、実体上すでに所有権が移転している場合には、することができない。(2)仮登記に基づく本登記は、登記記録中あらかじめ設けられている仮登記の次の余白に記録される。(3)賃借権設定の仮登記は、...

≫続きを読む

宅建過去問1990年(平成2年)その5

宅建過去問平成2年,[問21]建築基準法の確認に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。(1)高さが14mの木造の建築物を改築する場合、改築に係る部分の床面積が100m2のときでも、建築主事の確認を受けなければならない。2(2)延べ面積が200m2の下宿の用途に供する建築物を寄宿舎に用途変更す...

≫続きを読む

宅建過去問1990年(平成2年)その6

宅建過去問平成2年,[問26]農地法に関する次の記述のうち、正しいものほどれか。(1)土地収用法第3条に規定する事業(土地を収用し、又は使用することができる事業)である場合、その事業の用に供するための農地の取得については、農地法第5条第1項の許可を要しない。(2)農地法上必要な許可を受けないで農地の...

≫続きを読む

宅建過去問1990年(平成2年)その7

宅建過去問平成2年,[問31]不動産取得税に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。(1)海外の不動産の取得に対しても不動産取得税が課税される場合がある。(2)包括遺贈による不動産の取得に対しても、不動産取得税が課税される。(3)新築住宅に対する1,200万円の特別控除の適用要件には、価格要件と面...

≫続きを読む

宅建過去問1990年(平成2年)その8

宅建過去問平成2年,[問36]宅地建物取引業法に規定する営業保証金に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。(1)新たに宅地建物取引業を営もうとする者は、営業保証金を金銭又は国土交通省令で定める有価証券により、主たる事務所のもよりの供託所に供託した後に、国土交通大臣又は都道府県知事の免許を受けなけ...

≫続きを読む

宅建過去問1990年(平成2年)その9

宅建過去問平成2年,[問41]次の事項のうち、その事項について変更があった場合、法人である宅地建物取引業者が免許を受けた国土交通大臣又は都道府県知事に変更の届出をしなければならないものは、どれか。(1)定款(2)資本金の額(3)宅地建物取引業以外に行っている事業の種類(4)非常勤役員の氏名答え:4解...

≫続きを読む

宅建過去問1990年(平成2年)その10

宅建過去問平成2年,[問46]甲県知事の免許を受けている宅地建物取引業者Aが、乙県内において20区画の宅地の分譲をすることとし、その販売の代理を乙県知事の免許を受けている宅地建物取引業者Bに依頼して、Bが乙県内に案内所を設置して業務を行うこととした。この場合、宅地建物取引業法第50条第2項の規定によ...

≫続きを読む

スポンサーリンク