宅建過去問2015年(平成27年)

宅建過去問2015年(平成27年)

宅建過去問2015年(平成27年)記事一覧

宅建過去問1問〜50問2015年(平成27年)

宅建 平成27年2015年の受験者数と合格率受験者数194,926人合格者数30,028人合格率15.40%スポンサーリンク(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});(adsbygoogle = window.adsbygoogle || [...

≫続きを読む

宅建過去問2015年(平成27年)全問

宅建過去問平成27年,問1次の記述のうち、民法の条文に規定されているものはどれか。(1)債務の不履行に基づく人の生命又は身体の侵害による損害賠償請求権は、権利を行使することができる時から20年間行使しないときは、時効によって消滅する旨(2)事業のために負担した貸金債務を主たる債務とする保証契約は、保...

≫続きを読む

宅建過去問2015年(平成27年)その1

宅建過去問平成27年,問1次の記述のうち、民法の条文に規定されているものはどれか。(1)債務の不履行に基づく人の生命又は身体の侵害による損害賠償請求権は、権利を行使することができる時から20年間行使しないときは、時効によって消滅する旨(2)事業のために負担した貸金債務を主たる債務とする保証契約は、保...

≫続きを読む

宅建過去問2015年(平成27年)その2

宅建過去問平成27年,問6抵当権に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。(1)賃借地上の建物が抵当権の目的となっているときは、一定の場合を除き、敷地の賃借権にも抵当権の効力が及ぶ。(2)抵当不動産の被担保債権の主債務者は、抵当権消滅請求をすることはできないが、その...

≫続きを読む

宅建過去問2015年(平成27年)その3

宅建過去問平成27年,問11AがBとの間で、A所有の甲建物について、期間3年、賃料月額10万円と定めた賃貸借契約を締結した場合に関する次の記述のうち、民法及び借地借家法の規定並びに判例によれば、正しいものはどれか。(1)AがBに対し、賃貸借契約の期間満了の6か月前までに更新しない旨の通知をしなかった...

≫続きを読む

宅建過去問2015年(平成27年)その4

宅建過去問平成27年,問16都市計画法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。(1)第二種住居地域における地区計画については、一定の条件に該当する場合、開発整備促進区を都市計画に定めることができる。(2)準都市計画区域について無秩序な市街化を防止し、計画的な市街化を図るため必要があるときは、都市...

≫続きを読む

宅建過去問2015年(平成27年)その5

宅建過去問平成27年,問21国土利用計画法第23条の事後届出(以下この問において「事後届出」という。)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。(1)都市計画区域外においてAが所有する面積12,000m2の土地について、Aの死亡により当該土地を相続したBは、事後届出を行う必要はない。(2)市街化区...

≫続きを読む

宅建過去問2015年(平成27年)その6

宅建過去問平成27年,問26次の記述のうち、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)の規定によれば、正しいものはいくつあるか。ア・都市計画法に規定する工業専用地域内の土地で、建築資材置き場の用に供されているものは、法第2条第1号に規定する宅地に該当する。イ・社会福祉法人が、高齢者の居住の...

≫続きを読む

宅建過去問2015年(平成27年)その7

宅建過去問平成27年,問31宅地建物取引業者が、宅地建物取引業法第35条に規定する重要事項の説明を行う場合における次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定に違反するものはいくつあるか。ア・宅地の貸借の媒介の場合、当該宅地が都市計画法の第一種低層住居専用地域内にあり、建築基準法第56条第1項第1号に基づ...

≫続きを読む

宅建過去問2015年(平成27年)その8

宅建過去問平成27年,問36宅地建物取引業者Aが、自ら売主として、宅地建物取引業者でないBとの間で建物(代金2,400万円)の売買契約を締結する場合における次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはいくつあるか。ア・Aは、Bとの間における建物の売買契約において、当事者の債務の不履行...

≫続きを読む

宅建過去問2015年(平成27年)その9

宅建過去問平成27年,問41宅地建物取引業者が売主である新築分譲マンションを訪れた買主Aに対して、当該宅地建物取引業者の従業者Bが行った次の発言内容のうち、宅地建物取引業法の規定に違反しないものはいくつあるか。ア・A:眺望の良さが気に入った。隣接地は空地だが、将来の眺望は大丈夫なのか。B:隣接地は、...

≫続きを読む

宅建過去問2015年(平成27年)その10

宅建過去問平成27年,問46独立行政法人住宅金融支援機構(以下この問において「機構」という。)に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。(1)機構は、高齢者が自ら居住する住宅に対して行うバリアフリー工事又は耐震改修工事に係る貸付けについて、貸付金の償還を高齢者の死亡時に一括して行うという制度を...

≫続きを読む

スポンサーリンク